クリニック勤務 医療業務

 

クリニックに転職しようとお考えですね。
その中でも透析クリニックに興味がありますか?

 

透析クリニックは他のクリニックと比較すると専門性が高いクリニックです
深夜の夜勤はないですが、働いている人の外来透析のために準夜勤があるクリニックも多いです。

 

ではそんな透析クリニックのメリットについて解説します。

 

透析クリニックのメリット

透析クリニックのメリットはどのようなものがあるのでしょうか?
そのメリットについて解説します。

 

夜勤がない

透析クリニックは基本的には外来のみで、深夜帯の夜勤はありません。

 

総合病院や大学病院では入院患者の透析を行いますが、これも基本的には昼間です。
夜間に行うのは、透析患者というよりかはCHDFなどの治療でこれはICUで行います。

 

この場合、ICU勤務の看護師が立ち会いますので透析質の看護師はいなくても大丈夫です。

 

と、このように総合病院や大学病院でも透析の看護師は夜勤をしなくても大丈夫です。

 

なので、透析クリニックの看護師は絶対に夜勤を行わなくてもいいということですね。

 

残業がほとんどない

透析クリノックの業務は基本的に予定通り終わります。

 

患者の治療時間は3?4時間と決まっていますし、基本的に急変はありません。
徐水量が多い患者さんの場合は血圧が下がりすぎて意識を失うということもあるので注意が必要ですが、日勤の場合は余裕があるのでこのようあ場合でも残業はありません。

 

しかし、働いている人が仕事が終わった後に透析を行う準夜勤では時間ギリギリという場合があるので、万が一の場合は残業があります。
それでも経験上年に3回あるかないか程度です。

 

なので基本的には残業がないと思っておいていいでしょう。

 

ライフスタイルにあった働き方ができる

透析クリニックの業務は専門性が高いです。

 

なので一度極めてしまえば、他の透析クリニックでも通用しますにでライフスタイルにあった働き方ができるということになります。

 

妊娠や出産、育児などを理由に現場から離れてしまった場合でも復帰がしやすいということですね。

 

経験があれば育児が落ち着くまでの時短制度があったり、準夜勤がある透析クリニックでも日勤のみにしてくれるなど対応をしてくれる透析クリニックもありますので、このような融通がきく透析クリニックならライフスタイルにあった働き方ができます。

 

まとめ

透析クリニックでの勤務のメリットについて解説しました。
夜勤がなく残業がないのは魅力ですね。

 

自分のライフスタイルにあった働き方も可能になるのでおすすめですよ。

 

>>クリニック転職総合